研究者情報 
リンクリストを表示する
フィールドレイアウト  
先頭へ | << 前へ | 次へ >>  

更新日時 2020/4/2 8:33

氏名(漢字・原語) 山川百合子
氏名(カナ) ヤマカワ ユリコ
所属 医科学センター 研究科理学療法学・作業療法学専攻 研究科保健医療科学専攻
職位 教授
略歴 <学歴>
1980年:東京大学理学部生物化学科卒業
1982年:東京大学理学系大学院生物化学専攻修士課程終了
1992年:名古屋大学医学部医学科卒業
2007年:筑波大学大学院博士課程人間総合科学研究科病態制御医学専攻修了

<職歴>
1982〜1984年:三菱化成(株)総合研究所(現・三菱化学(株)科学技術戦略室)
1985年:Yale University School of Medicine Department of Genetics(Associate in Research)
1992〜1998年:筑波大学附属病院レジデント(筑波大学附属病院、国立水戸病院、荒川沖病院)
1998〜1999年:筑波東病院 医員
1998〜2004年:茨城県立医療大学付属病院 精神科(デイケア)非常勤医
1999〜2004年:水海道厚生病院 医員
2004年〜2012年8月:茨城県立医療大学 医科学センター 講師(精神医学)
2012年9月〜2017年3月:茨城県立医療大学 医科学センター 准教授(精神医学)
2017年4月〜現在:茨城県立医療大学 医科学センター 教授(精神医学)
            
2004年〜 現在  :茨城県立医療大学 学校医および学生相談室 相談員
         :茨城県立医療大学付属病院 診療部医師(精神科デイケア専従医)
学位,資格 精神保健指定医
博士(医学)
精神科リエゾン専門医、指導医(日本総合病院精神医学会)
精神科専門医、指導医(日本精神神経学会専門医)
Medical Translator(全国職業翻訳者協議会認定)
担当科目(学部) 精神障害と対応、精神問題と対応、臨床心理、学問の時代を創った人々、精神看護論U、医療総括演習、医科学総合科目T
担当科目(大学院) 博士課程前期:地域精神保健特論、活動障害治療・介入学特論、活動障害治療・介入学特論演習
診療科目 精神科(デイケア)、コンサルテーション・リエゾン精神科(病棟、外来)
専門分野 精神医学
リハビリテーション心理
精神保健
研究領域のキーワード 脳卒中後うつ病、地域リハビリテーション、高次脳機能障害、コミュニケーション
現在の主な研究テーマ 精神障害者の地域リハビリテーションのあり方
障害者とのコミュニケーションのあり方
研究の概要 @ リハビリテーションの観点より脳卒中うつ病の精神医学的診断法や病因、治療法を解明する。
A 精神障害者の地域リハビリテーションの方法論の開発研究
B リハビリテーションの中で新しいコミュニケーションの方法論の研究開発
C 認知リハビリテーションの方法論の研究開発
主な研究業績 1 Yamamoto(Yamakawa) Y, Yokoyama S, Miyazawa T, Watanabe K, Higuchi S.
  NMR analyses on the molecular mechanism of the conformation rigidity of
    2-thioribothymidine, a modified nucleoside in extreme thermophile tRNAs.
  FEBS Letter;1983;157:95-99
2 Kawai G, Yamamoto(Yamakawa) Y, Kamimura T, Masegi T, Sekine M, Hata T, Iimori T,
  Watanabe T, Miyazawa T, Yokoyama S.
  Conformational rigidity of specific pyridine residues in tRNA arises from
  posttranscriptional modifications that enhance steric interaction between the base
    and 2'-hydroxyl group.
  Biochemistry 1992;31:1040-1046
3 Yamakawa Y, Shiraishi H, Yamakawa M.
  Characterization of nitric oxide synthase in the cerebellum of the chicken.
  Comp Biochem and Physiol 1997;118B:457-461.
4 Mizukami K, Yamakawa Y, Yokoyama H, Shiraishi H, Kobayashi S.
  A case of psychotic disorder associated with a right temporal lesion: A special reference
    to magnetic resonance imaging and single photon emmissin computed tomography findings
  Psychiatry and Clinical Neurosciences 1999;53:603-606.
5 Kawai N, Yamakawa Y, Baba A, Tachikawa H, Hori T, Asada T
  High dose of multiple neuroleptic treatment for schizophrenia in Japan
  Dose reduction and electrocardiographic changes
  Journal of Clinical Psychopharmacology 2005; 25: 186-188
6 Yamakawa Y, Satoh S, Sawa S, Ohta H, Asada T
  Efficacy of milnacipran on post-stroke depression on inpatient rehabilitation
  Psychiatry and Clinical Neurosciences 2005; 59,:703-708
7 Kawai N, Yamakawa Y, Baba A, Nemoto K, Tachikawa H, Hori T, Asada T, Iidaka T
    High-dose of multiple antipsychotics and cognitive function in schizophrenia   
    :The effect of dose-reduction
    Progress in Neuro-Psychopharmacology and Biological Psychiatry 2006; 30: 1009-1014
8 Satoh S, Yamakawa Y, Terashima Y, Ohta H, Asada T
    The efficacy of milnacipran on going dysfunction with post stroke depression
    : A preliminary open-label study.
    Psychiatry and Clinical Neurosciences 2006;60:584-589
9 河合伸念、山川百合子、馬場淳臣、太刀川弘和、堀孝文、朝田隆
    抗精神病薬の多剤併用大量療法から非定型薬単剤治療への切り替えの試み(最終報告)
    臨床精神薬理 2006;9:2239-2250 (第2回「臨床精神薬理」誌賞 最優秀論文賞受賞論文)
10 Mochizuki H, Tanaka M, Suzuki T, Yamakawa Y, Mochizuki S, Arai M,Kawamura M
   Elderly adults improve verbal fluency by videophone conversations: A pilot study
   Journal of Telemedicine and Telecare  2008;14:215-218
11 Mochizuki-Kawai H, Yamakawa Y, Mochizuki S,Anzai S,Arai M
   Structural floral arrangement programme for improving visuospatial working memory in schizophrenia
   NeuroRehabilitation 2010; 20: 624-636 
12 S Kushida, Y Yamakawa
   Fitting proposals to their sequential environment: a comparison of turn designs for proposing
   treatment in ongoing outpatient psychiatric consultations in Japan
   Sociol Health Illn 2015; 37: 522-54411 S Kushida, Y Yamakawa
   Fitting proposals to their sequential environment: a comparison of turn designs for proposing
   treatment in ongoing outpatient psychiatric consultations in Japan
   Sociol Health Illn 2015; 37: 522-544
13 Dewi NS,Komatsuzaki M,Yamakawa Y,Takahashi H,Shibanuma S,Yasue T,Okayama T,Toyoda A,
   Shimonishi, Sasaki S
   Community Gardens as Health Promoters: Effects on Mental and Physical Stress Levels in Adults
   with and without Mental Disabilities
   Sustainability 2017;9:64-79
14 Kushida S, Yamakawa Y
    Steering interactions away from complaints about persistent symptoms in psychiatric consultations
    East Asian Pragmatics 2018;3:91-123
15 Mochizuki-Kawai H,  Kotani I, Mochizuki S, Yamakawa Y
    Structured Floral Arrangement Program Benefits n Patients with Neurocognitive Disorder
  Frontiers in Psychology 2018;9:1328   doi: 10.3389/fpsyg.2018.01328
16 Mochizuki-Kawai H,  Kotani I, Mochizuki S, Yamakawa Y
   The Impact of Structured Floral Arrangement (SFA) Program on Caregivers’ Mental Health: a pilot study
    Trends in Medicine 2018;18:2-4
学内外との共同研究等(進行中のもの)
社会との連携できる事柄 茨城県高次脳機能障害支援ネットワーク協議会座長(茨城県保健福祉部障害福祉課)
独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構 茨城県障害者職業センター 医学アドバイザー
茨城県リハビリ講習会実行委員長(日本損保協会助成)
学会,審議会等 日本精神神経学会
日本総合病院精神医学会
日本リハビリテーション医学会
日本リハビリテーション心理研究会世話人、監事
受賞歴,特許等 ヒトβーエンドルフィンの遺伝子組み換えによる大量発現

簡単フラワーアレンジメント用具(特許第5201552号 平成25年2月22日登録)
 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所との共同による申請
e-mail
URL
研究業績詳細
研究業績詳細2019 A 原著論文
1 橋弘美,柴沼抄織,水野高昌,山川百合子
精神科デイケア利用者におけるひきこもりの実態調査 〜ひきこもりから抜け出すきっかけについての考察〜
  ひろき: 茨城県立医療大学付属病院研究誌 2019;22:78-92

E 学会発表
 1 五十嵐康美,山川百合子,今村剛,篠田雄一
   自殺未遂による脊髄損傷者リハビリテーション診療の経験
   日本リハビリテーション医学会 (神戸市)2019年6月
2 渡部衣美,根本清貴,太刀川弘和,佐藤晋爾,山川百合子,繁田雅弘,新井哲明
精神科多職種連携治療・ケアを担う人材養成(PsySEPTA)の取り組み
   日本保健医療福祉連携教育学会学術集会(東京)2019年9月
 3 坂場泰斗,山川 百合子,望月 寛子
  ベッドサイドSFAプログラムによる生花の効果
   人間・植物関係学会2019年大会 (東京)2019年12月

D 報告・その他
 1 加納尚美, 糸嶺一郎,山川百合子,佐藤純
茨城県立医療大学における学生相談の実績と課題
   茨城県立医療大学紀要2020;25:93-101

G 研究助成金
1 文部科学省 大学教育再生戦略推進費「課題解決型高度医療人材養成プログラム」
精神科多職種連携治療・ケアを担う人材養成
2018〜2021年度,副統括(統括:新井哲明)
研究業績詳細2018 A 原著論文
1 Kushida S, Yamakawa Y
  Steering interactions away from complaints about persistent symptoms in psychiatric consultations
  East Asian Pragmatics 2018;3:91-123
2 Mochizuki-Kawai H,  Kotani I, Mochizuki S, Yamakawa Y
  Structured Floral Arrangement Program Benefits n Patients with Neurocognitive Disorder
  Frontiers in Psychology 2018;9:1328   doi: 10.3389/fpsyg.2018.01328
3 Mochizuki-Kawai H,  Kotani I, Mochizuki S, Yamakawa Y
  The Impact of Structured Floral Arrangement (SFA) Program on Caregivers’ Mental Health: a pilot study
  Trends in Medicine 2018;18:2-4
4 Dewi NS, Masakazu Komatsuzaki M, Yamakawa Y, Takahashi H, Shibanuma S, Yasue T,
  Okayama T, Toyoda T
  Trunk Movement Quantification of Adult with and without Mental Disability during
  Gardening Task Using Wireless Tri-Axial Accelerometer
  Japanese Journal of Farm Work Research 2018;53:164-172

D 報告・その他
 1 山川百合子
   特集 リハビリテーションとグループ療法 脳卒中
   総合リハ2018;46:809-813

G 研究助成金
1 文部科学省 大学教育再生戦略推進費「課題解決型高度医療人材養成プログラム」
  精神科多職種連携治療・ケアを担う人材養成
  2017〜2021年度,副統括(統括:新井哲明)
研究業績詳細2017 A 原著論文
1 澤俊二,磯博康,山川百合子,千田直人,伊佐地隆,大仲功一,安岡利一,園田茂,鈴木めぐみ,山田将之,酒野直樹,鈴木孝治,壹岐英正,土屋隆,岩崎テル子,大田仁史
脳卒中者の手部および足部の感覚・知覚機能の継時的変化の推移‐慢性脳卒中者の総合的追跡調査研究 発病から1年‐ 
金城大学紀要 2018;18:137-147

E 学会発表
1 澤俊二,園田茂,伊佐地隆,大仲功一,安岡利一,山川百合子,金田嘉清,才藤栄一,土屋隆,大田仁史
  慢性脳血管障がい者における総合的追跡調査-発病10年 片麻痺手の感覚・知覚機能の推移-第54回日本リハビリテーション医学会学術総会(岡山)2017年6月
2 塩原直美、山川百合子
  精神科を長く利用されている方の体力と生活習慣について
  第21回日本健康福祉政策学会学術大会 (東京)2017年11月 
3 坂場泰斗,山川百合子,望月寛子,武山直義
  フラワーアレンジメントの認知症への効用
  第10回茨城県作業療法学会 (阿見町)2018年2月
4  塩原直美、山川百合子
  精神科を長く利用されている方の体力と生活習慣について
  第10回茨城県作業療法学会 (阿見町)2018年2月
研究業績詳細2016 A 原著論文
1 Dewi NS,Komatsuzaki M,Yamakawa Y,Takahashi H,Shibanuma S,Yasue T,Okayama T,Toyoda A,Shimonishi, Sasaki S
Community Gardens as Health Promoters: Effects on Mental and Physical Stress Levels in Adults with and without Mental Disabilities
Sustainability 2017;9:64-79

E 学会発表
1 串田秀也,山川百合子
    Turn designs for psychiatrists’ probing into known problems
    The 8th international Conference on Conversation Analysis and Psychotherapy(Helsinki)2016年6月
2 安江健,坂本希美,小松崎将一,下西ひかり,山川百合子,小針大助,岡山毅,佐々木誠一 ,豊田淳
  Effect of farming activity included horticulture and interacting with domestic animals on person with mental disorders
    17th AAAP (Asian Australasian Animal Production) Animal Science Congress(福岡)
    2016年6月 
3 澤俊二,園田茂,伊佐地隆,大仲功一,安岡利一,山川百合子,金田嘉清,才藤栄一,土屋隆,大田仁史
  慢性脳血管障害者の総合的追跡調査(第11報)発病から10年 廃用手の四肢関節可動域の推移
    第53回日本リハビリテーション医学会学術総会(京都)2016年6月
4  笹島京美、山川百合子
    コラージュ療法を用いた高次脳機能障害を抱える患者と家族への集団療法の効果
    リハビリテーション・ケア合同研究大会茨城2016 (つくば市)2016年10月
5 大和雄太,山川百合子
    単純ヘルペス脳炎後遺症による社会的行動障害が認められた30代男性へ臨床心理士が介入し就労に至った症例
    リハビリテーション・ケア合同研究大会茨城2016 (つくば市)2016年10月
6 山口 忍,長澤ゆかり,尾形志保,綾部明江,鶴見三代子,山川百合子
    家庭での食育をとおした親子のコミュニケ−ション −食事の楽しさと食行動の関連−
    第75回日本公衆衛生学会(大阪)2016年10月
7 長澤ゆかり,山口 忍,尾形志保,綾部明江,鶴見三代子,山川百合子
    茨城県小中高校生の子をもつ母親の食行動と健康づくり ―小中高別の分析から―
    第75回日本公衆衛生学会(大阪)2016年10月
8  猪瀬由美子,山崎仁子,植田琴,猿田佳代,鈴木真美,野崎智子,森崎洋子,山川百合子,山口忍
    茨城県小中学生の朝食摂取・睡眠状況と不定愁訴・学習意欲との関連
    第20回日本健康福祉政策学会学術大会(埼玉県大宮市)2016年11月
9 澤俊二,磯博康,本庄かおり,山川百合子,千田直人,大仲功一,安岡利一,伊佐地隆,園田茂,山田将之,鈴木めぐみ,百田貴洋,酒野直樹,鈴木孝治,壹岐英正,金田嘉清,才藤栄一,土屋隆,大田仁史,嶋本喬
    慢性脳血管障害者における総合的追跡調査発病10年 麻痺手の感覚・知覚機能の推移
    第27回日本疫学会学術総会(甲府)2017年1月
10安江健,竹村紀穂,高橋弘美,柴沼沙織,下西ひかり,水野高昌,小松崎将一,山川百合子,小針大助,岡山毅,佐々木誠一,豊田淳
    家畜とのふれあいを含む農作業活動が精神疾患者の心理・生理的状態に及ぼす効果
    第122回日本畜産学会(神戸)2017年3月
研究業績詳細2015 A 原著論文
1 佐藤純,山川百合子,渡辺尚子,工藤典雄
    医療系大学における学生相談室に対する認識と援助要請に関する研究
    Campus Health 2015; 52: 125-130
2 山川百合子,松岡恵子,寺島康,定村美紀子,塩原直美,小徳勇人
    精神障害者の就労支援のための評価方法の開発〜アピアランススケール〜
    日精診ジャーナル 2015; 41: 9-15
3 五十嵐康美,市丸勝二,山川百合子,笹島京美
    高齢者大腿骨骨折に伴う抑うつの検討
    茨城県立医療大学紀要 2015;21:11-17
4 海山宏之,綾部明江,鶴見三代子,西出弘美,本村美和,長澤ゆかり,山川百合子,岩本浩,中村勇,佐藤斉,宮口右二,沼口知恵子,山口忍
    独り暮らし大学生の食生活行動 ―茨城大学農学部と茨城県立医療大学の学生協働による地域貢献活動アンケートより―
    茨城県立医療大学紀要 2015;21:41-49
5 沼口知恵子,山口忍,西出弘美,潮崎純子,綾部明江,鶴見三代子,本村美和,長澤ゆかり,佐藤斉,山川百合子,中村勇,岩本浩二 
    阿見町小中学生の食行動と生活リズムとの関連
    茨城県立医療大学紀要 2015;21:127-132

E 学会発表
1 五十嵐康美,市丸勝二,山川百合子
    高齢者大腿骨骨折に伴う抑うつの検討
    第52回日本リハビリテーション医学会学術集会(新潟)2015年5月
2 定村美紀子,山川百合子,小島尚,大西奈保子,佐藤亜月子,浅見恭史,中村奈緒美,霧越千裕,松岡恵子
    多職種連携による訪問薬剤管理に関する学習会の取り組み
    第6回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会(つくば市)2015年6月 
3  山川百合子,松岡恵子,寺島康,定村美紀子,塩原直美,小徳勇人
    精神障害者の就労支援のための評価方法の開発〜アピアランススケール〜
    第21回日本精神神経科診療所協会学術研究会(浜松市)2015年6月
4 澤俊二,壹岐英正,浅井美穂,片山脩,鈴木めぐみ,山田将之,鈴木孝治,百田貴洋,酒野直樹,才藤栄一,土屋隆,山川百合子,大田仁史
    慢性脳血管障害の総合的追跡調査(1)発病から10年 四肢関節の可動域の推移
    第3回全国介護・終末期リハ・ケア研究大会(名古屋)2015年9月
5 山口忍,尾形志保,長澤ゆかり,綾部明江,鶴見三代子,山川百合子
    茨城県小中高校生及び保護者の食行動調査(第1報) −食生活行動の特性−  
    第74回日本公衆衛生学会総会(長崎)2015年11月
6 尾形志保,山口忍,長澤ゆかり,綾部明江,鶴見三代子,山川百合子
    茨城県小中高校生及び保護者の食行動調査(第2報) −阿見町小学生と保護者の特性− 
    第74回日本公衆衛生学会総会(長崎)2015年11月
7  長澤ゆかり,山口忍,尾形志保,綾部明江,鶴見三代子,山川百合子
    茨城県小中高校生及び保護者の食行動調査 (第3報)−共食に焦点をあてて−  
    第74回日本公衆衛生学会総会(長崎)2015年11月
8 安江健,平山望,武田愛生,小針大助,岡山毅,小松崎将一,佐々木誠一,豊田淳,山川百合子
    ウシの飼育管理作業が健常者の心理・生理的状態に及ぼす効果
  第121回日本畜産学会(東京)2016年3月
研究業績詳細2014 A 原著論文
1  S Kushida, Y Yamakawa
    Fitting proposals to their sequential environment: a comparison of turn designs for proposing
    treatment in ongoing outpatient psychiatric consultations in Japan
    Sociol Health Illn 2015; 37: 522-544
2  本村美和,鶴見美代子,岩本浩二,大江佳織,綾部明江,西出弘美,沼口千恵子,佐藤斉,山川百合子,中村勇,駒橋令子,石井愛美,岩井浩一,山口忍
    客観的咬合力に関連する身体的要因の実態調査
    茨城県立医療大学紀要 2014; 20: 85-91
3 山口忍,鶴見三代子,長澤ゆかり,本村美和,西出弘美,沼口千恵子,綾部明江,渡辺志保,岩本浩二,山川百合子,佐藤斉,中村勇,石井愛美,駒橋令子
    大学と阿見町との食育活動推進にむけた取り組み−地域貢献活動の一環として−.
    茨城県立医療大学紀要 2014; 20: 131-136

D 報告・その他
1 山川百合子
脳卒中の作業療法(6月増刊号)
脳卒中の対象者の心理的問題 うつ症状も含めて(一般のうつ病との違い)
OTジャーナル 2014;48:644-649

E 学会発表
1 定村美紀子,小島尚,西澤啓子,浅見恭史,小路芳子,霧越千裕,山川百合子
    在宅訪問薬剤管理指導の現状と課題:プライマリ・ケアにおいて薬剤師に求められていること
    第5回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会(岡山)2014年5月 
2 Shuya Kushida, Takeshi Hiramoto, Yuriko Yamakawa
    Patients’ requests and psychiatrists’ responses in decision-making over treatment:Claiming
    and negotiating entitlement to treatment
    4th annual  International Conference on Conversation Analysis California, USA, 2014 June
3 澤俊二,園田茂,山川百合子,伊佐地隆,大仲功一,安岡利一,金田嘉清,才藤栄一
  慢性脳血管障害の総合的追跡調査(第7報)入院から発病10年麻痺側上肢機能と実用種に到るプロセス 
    第51回日本リハビリテーション医学会学術集会 (名古屋)2014年6月
4 澤俊二,園田茂,山川百合子,大田仁史
    慢性脳血管障害の総合的追跡調査(9報)介護保険利用者のApathy(無気力)の推移
    第51回日本リハビリテーション医学会学術集会 (名古屋)2014年6月
5 佐藤純,山川百合子,渡邊尚子,工藤典雄
    医療系大学における学生相談室に対する認知と援助要請に関する研究
    全国大学保健管理研究集会 (東京)2014年9月
6 渡辺志保,鶴見三代子,山口忍,綾部明江,山川百合子
    食環境整備の視点を取り入れた運動教室参加者の食生活改善の試み 第1報 参加者の食生活の実態
    第73回日本公衆衛生学会総会 (宇都宮)2014年11月
7 西出弘美,佐藤斉,山川百合子,山口忍,綾部明江,沼口千恵子,本村美和,鶴見美代子,中村勇,岩本浩二,駒橋令子,渡辺志保,石井愛美
    食育活動における阿見町小中学校食生活習慣改善への取り組み―茨城県立医療大学の地域貢献活動の一環として―
    第18回日本健康福祉政策学会学術大会 (阿見町)2014年11月
8 小谷泉,山川百合子,岡本雅史,笹島京美,松岡恵子,松嶋健
    ケアホームにおける高次脳機能障害の特徴―世話人へのインタビューから―
    第38回日本高次脳機能障害学会学術総会(仙台)2014年11月
9 Mikiko Sadamura,Yuriko Yamakawa,Takashi Kojima,Naoko Onisi
    Transdisciplinary Collaboration in Home Health Care with a Pharmacist as a Team Member              
    18th Integrated Sciences and Humanities in Doctoral Nursing Education, Taipei, Taiwan,
    2015 Feb 
研究業績詳細2013 A 原著論文
1  望月寛子, 小谷泉,牧山康志, 山川百合子
    フラワーアレンジメント作業を取り入れた認知リハビリテーションによって左半側空間無視症状を
    長期的に改善させた1例
    高次脳機能研究 2013; 33: 262-269
2 上野恭子, 栗原加代,西川浩昭,舞弓京子,山川百合子
    看護師の共感援助行動尺度の信頼性と妥当性の検討
    医学と生物学 2013;157: 1178-1182
3 松岡恵子, 山川百合子, 小谷泉,金吉晴
  高次脳機能障害者は自らの障害とリハビリテーションをどのように語るか
  認知リハビリテーション2013;18: 38-49
4 串田秀也,平本毅,山川百合子
    典型的な更新連鎖とそのオールターナティヴ
   ‐精神科外来再診場面の開始部門に関する覚え書き‐
     大阪教育大学紀要 2013;157: 1178-1182
5 望月寛子、小幡知史、山川百合子
  東日本大震災の被災地における花と緑を利用した心のケア
  均衡生活学2013;10:1-6
6 高梨 克也,岡本 雅史,榎本 美香,山川 百合子
    リハビリテーション病院におけるリエゾンカンファレンスの分析と別室視聴環境の効果
    均衡生活学2013;10:13-24

D 報告・その他
1 山川百合子
   花を使った園芸療法で困難を乗り越えるパワーを
   農業いばらき2013;5:42-43

E 学会発表
1 定村美紀子,定村由美子,山川百合子
    発達障害児支援における教育と医療の連携のあり方-教師と協働で行った事例検討会からの学び-
    第4回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会(仙台)2013年6月
2 Sawa S, Iso H, Saito E, Sonoda S, Kanada Y, Yamakawa Y, Suzuki M, Yamada M, Shimamoto T, Ota H
    The IBARAKI Stroke Follow up Study Development of PSD (Post Stroke Depression) and QOL of
    10Years after the Onset of Illness and Hospitalization-
  7th World Congress of the international Society of Physical and Rehabilitation Medicine,
    Beijing, China, June, 2013  
3 Shuya Kushida, Takeshi Hiramoto, Yuriko Yamakawa
    Patients’ requests and psychiatrists’ responses in decision-making over treatment ICCA14
   4th annual  International Conference on Conversation Analysis
    Calfornia, USA, June, 2013
4 Shuya Kushida, Yuriko Yamakawa
    Resisting how to make a decision:On some patients’ responses to treatment recommendations in 
    outpatient psychiatric consultations in Japan
  4th International Conference on Conversation Analysis & Clinical Encounters
    York,UK, July 2013
5 岡本雅史,高梨克也,榎本美香,小谷泉,山川百合子
  多相的コミュニケーション介入 〜 精神医療コミュニティの再構成を促す実践理論に向けて 〜
    ヒューマンコミュニケーション基礎研究会(HCS) (京都)2013年8月
6 横田結花, 笹島京美, 柳町公美, 山川百合子
    リハビリテーション専門病院における心理療法の活用と効果(1)−高次脳機能障害を抱える患
    者への箱庭療法−
    日本心理臨床学会 第32回秋季大会 (横浜)2013年8月
7 柳町公美, 横田結花, 笹島京美, 山川百合子
    リハビリテーション専門病院における心理療法の活用と効果(1)―抑うつがみられる患者へ
    の芸術療法―
    日本心理臨床学会 第32回秋季大会 (横浜)2013年8月 
研究業績詳細2012 A 原著論文
1  小谷泉,山川百合子
リハビリテーション療法士の専門性‐病院・老健・訪問の比較から-
均衡生活学 2012; 9: 13-21
 2 山川百合子、松岡恵子、武島玲子、定村美紀子
消防本部の救急活動からみた自殺企図の実態調査
茨城県立病院医学雑誌 2012;印刷中

B 総説
1 山川百合子
迷走神経刺激(VNS)
精神科 2012;21:388-392

C 著書
1 山川百合子
   アセスメント、検査、病棟でよくみる病態・状態、精神療・心理療法、精神科リハビリテーション、精神科医療の制度
山川百合子、栗原加代(編著)「看護ポケットマニュアル 精神科」医学出版社
2012年4月;122ページ中40ページ分

D 報告・その他
 1 山川百合子
社会的行動障害 高次脳機能障害Q&A
リハビリナース2012年;秋季増刊:180-189
2 山川百合子
花でつなぐ地域の輪 フラワーアレンジメントによる心のケア 花がつなぐ被災地支援
地域リハビリテーション 2013;8:68-72

E 学会発表
1 定村美紀子,奥野純子,山川百合子,柳久子
訪問看護における日記継続が疾病管理に及ぼす効果
第3回日本プライマリ・ケア連合会(福岡)2012年9月1日
2 Ueno K, Kurihara K, Nishikawa H, Yamakawa Y
    Transition in empathic nursing skill and ego-identity by age among Japanese nurses and nursing students
Sigma Theta Tau International's 23rd International Nursing Research Congress, Brisbane, Australia, Aug, 2012
3  松岡恵子,山川百合子,小谷泉,金吉晴
高次脳機能障害者は自らの障害とリハビリテーションをどのように語るか
認知リハビリテーション研究会(東京)2012年10月
4 澤俊二,磯 博康,本庄かおり, 山川百合子:慢性脳血管障害者の総合的追跡調査  Ibaraki  follow-up study(第5報) -発病10年間のQOL推移 と地域リハの課題 –
第23回日本疫学会学術総会(大阪)2013年1月
研究業績詳細2011 A 原著論文
1  山川百合子,河合伸念
幻覚妄想かるたを使ったピアサポーター養成に向けた取り組み
均衡生活学 2011; 8: 1-6

D 報告・その他
 1 山川百合子
レスパイトしてますか?
茨城県脳損傷友の会会報「筑波のかえる」2011;3月号

E 学会発表
1 桑原明栄子,相良直哉,山川百合子
コンピューターグラフィックスを利用したコンピュータ支援箱庭療法:CASPTに関する研究
日本図学会2011年度春季大会(盛岡市) 2011年5月
 2 山川百合子, 小池希, 栗原加代
   高次脳機能障害の就労に関する心理的要因
   第37回日本保健医療社会学会大会(大阪)2011年5月
  3 澤俊二,磯博康,本庄 かおり, 山川 百合子,千田 直人,大田 仁史,嶋本 喬
慢性脳血管障害者の総合的追跡調査     [CVA Ibaraki  Follow up  Study]
 (第4報)発病5 年間におけるうつ状態の推移と地域リハの課題
   第22回日本疫学会総会(東京) 2011年1月

G 研究助成金
1 文部科学省科学研究補助金基盤研究B(一般)
精神医療現場における多相的コミュニケーションの共創支援〜開かれた関係構築に向けて
2011〜2013年度,研究分担者(研究代表者:榎本美香)
2  日本学術振興会文部科学省科学研究補助金基盤研究C(一般)
精神障害者の相互行為における指示手続きとカテゴリー
2009〜2011年度,連携研究者(研究代表者:串田秀也)
3 公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団
幻覚妄想かるたを使った在宅の精神障害者によるピアサポーター養成の取り組み
2010年8月〜2011年8月,研究代表者

研究業績詳細2010 A 原著論文
1  小谷泉,松岡恵子,山川百合子,金吉晴,山里道彦
外傷性脳損傷者における発話速度の分析
均衡生活学 2010;6:33-37
2 望月寛子,山川百合子,望月聡,安斎詔子,新井雅信
Structural floral arrangement programme for improving visuospatial working memory in schizophrenia
NeuroRehabilitation 2010; 20: 624-636 
3 山川百合子,寺島康,田上 洋子,小徳勇人,志井田孝,佐藤晋爾
統合失調症の通院患者における新規抗精神病薬の使用実態調査 
臨床精神薬理 2010; 13: 1163-1176

D 報告・その他
1 山川百合子
海外通信 イタリアの精神医療と地域リハビリテーション−精神科医の視点から(1)
地域リハビリテーション 2010; 5: 78-81
2 山川百合子
海外通信 イタリアの精神医療と地域リハビリテーション−精神科医の視点から(2)
地域リハビリテーション 2010; 5: 177-181
3 菅原英介、山川百合子
   音楽家が奏でる“アメリカの音楽療法” どうしてアメリカで音楽や作業療法を学んだのか?
地域リハビリテーション 2010; 7: 550-553
4 菅原英介、山川百合子
   音楽家が奏でる“アメリカの音楽療法” アメリカでの音楽療法の歴史
地域リハビリテーション 2010; 7: 739-740
5 山川百合子、菅原英介
音楽は「癒し」か「脳トレ」か-音楽で脳と心がダンスを踊る- 
地域リハビリテーション 2010; 7:829-831
6 菅原英介、山川百合子
音楽で障害者を支えることができるのか?
地域リハビリテーション 2010; 7:916-919
7 菅原英介、山川百合子
音楽家のこころとからだ 
地域リハビリテーション 2010; 7:1014-1017
8 菅原英介、山川百合子
音楽と作業療法 
地域リハビリテーション 2010; 7:1106-1110
9 山川百合子
特集 作業療法における「連携」を考える 精神科領域での連携のあり方
作業療法ジャーナル 2011:45:108-113

E 学会発表
1 澤俊二,園田茂,伊佐地隆,大仲功一,安岡利一,山川百合子,金田嘉清,才藤栄一,大田仁史
脳血管障害者における総合的追跡調査(第5報)情緒的支援ネットワーク
発症5年までの推移
第47回日本リハビリテーション医学会学術集会(鹿児島)2010年5月
2 上野恭子,西川浩昭,栗原加代,山川百合子
看護師のうつ病患者に対する援助行動に伴う共感性の分析−共感的援助行動測定尺度(Empathic Nursing Behavior Scale: ENB)を用いて
日本うつ病学会(金沢)2010年6月
3 定村美紀子,奥野純子,山川百合子,柳久子
精神科訪問看護利用者の特性と再入院との関連要因
第1回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会(東京)2010年6月
4 今井忠則,奥野純子,山川百合子,大田仁史,柳久子
介護予防の推進ボランティア活動が健康関連QOLに及ぼす影響 第67回日本公衆衛生学会(東京)2010年10月
5 澤俊二, 磯博康, 本庄かおり,園田茂,伊佐地隆,大仲功一,安岡利一, 山川百合子,大田仁史,
嶋本喬
慢性脳血管障害者における総合的追跡調査(第6報) 発症5年  下肢機能と移動能力の推移
  第67回日本公衆衛生学会(東京)2010年10月
6 定村美紀子,渡辺康宏,名越英夫,鈴木直子,保田さとみ,桂川美津子,杉浦みち子,山川百合子
精神科訪問看護における地域連携の課題 危機的状況にある家族支援と地域連携のあり方
第17回日本精神科看護学会平成22年度専門学会U(山口)2010年10月
7 洞口貴広,山川百合子,佐々木誠一
   異なるタイプの刺激が異なるタイプの心の数直線を想起させる
第33回 日本神経科学会(神戸)平成22年10月
8 名越英夫,定村美紀子,河合伸念,山川百合子
訪問看護利用者の日記記入の有無が服薬態度や自己効力感に及ぼす影響
第38回日本精神科病院協会精神医学会(富山)2010年11月
9 Horaguchi T, Yamakawwa Y, Sasaki S-I
Different types of stimulus after the presentation of numbers induced different patterns of shift of attention toward left/right space.40th The Society for Neuroscience Annual Meeting (San Diego, USA), November, 2010
The Society for Neuroscience

G 研究助成金
1 文部科学省科学研究補助金,新学術領域(研究課題提案型)
逸脱を吸収する社会実現に向けたコミュニケーションギャップ生成−解消機構の解明
2008〜2010年度,研究分担者(研究代表者:榎本美香)
2  日本学術振興会文部科学省科学研究補助金基盤研究C(一般)
精神障害者の相互行為における指示手続きとカテゴリー
2009〜2011年度,連携研究者(研究代表者:串田秀也)
3 公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団
幻覚妄想かるたを使った在宅の精神障害者によるピアサポーター養成の取り組み
2010年〜2011年,研究代表者
(学内プロジェクト)
1 地域貢献研究
茨城県の精神障害者の地域生活支援とアウトリーチ型医療に関する研究
2009〜2011年度,研究代表者
4 奨励研究
茨城県内の消防本部の救急活動からみた自殺企図の実態調査
2010年度,研究代表者
3 プロジェクト研究
機能回復神経科学の基盤研究と臨床応用
2009〜2011年度,研究分担者(研究代表者 佐々木誠一)
研究業績詳細2009 A 原著論文
1  山川百合子,橋本明子,武島玲子,佐藤晋爾
精神科関連における救急車搬送の調査の分析
茨城県立病院医学雑誌 2009; 26: 25-29
2 山川百合子
大学生のメンタルヘルス支援についての一考察
〜中国の大学への海外派遣研修から〜
均衡生活学 2009; 5: 13-17
3 落合幸子,服部満生子,山川百合子,落合亮太,島田智織,駒崎俊剛,黒木淳子
ベテラン看護管理者の看護実践に関する教育心理的視点からの分析       
茨城県立医療大学紀要 2009; 14: 109-122
4 山川百合子,清水京美,佐藤晋爾,定村美紀子,大橋良教 
救急隊員の災害ストレス症状と対処行動との関係についての実態調査
日本集団災害医学会誌 2009; 14: 191-197
5 今井忠則,奥野純子,戸村成男,山川百合子,鈴木恵子,柳久子
介護予防の推進ボランティア活動が健康関連QOLに及ぼす影響
―地域社会への貢献意識に注目して―
日本プライマリ・ケア学会誌 2009; 14: 200-208
6 上野恭子,栗原加代,水野恵理子,山川百合子,西川浩昭
看護師の共感的援助の過程と影響する要因の検討
日本看護医療学会雑誌 2009;11:8-16

D 報告・その他
1 山川百合子
巻頭エッセイ リハビリテーション看護と私
リハビリナース2009; 2: 1
2 黒澤也生子,山川百合子
リハビリテーション関係者が知っておくべき精神科疾患・精神医学
作業療法士の立場から
Medical Rehabilitation 2009; 106: 57-61
3 山川百合子
リハビリテーション心理学・社会学UPDATE
リハビリテーションにおけるうつとQOL
Clinical Rehabilitation 2009; 18: 815-819
4 山川百合子
脳卒中後うつ病の診療とケア 脳卒中後うつ病とは
看護技術 2009; 55: 65-68
5 山川百合子,山口康夫,南部節子,清宮玲子
自殺予防対策シンポジウム ―自殺を防ぐために私たちにできること―
ぼんさんて(いばらき精神保健)2009; 92: 32-56

E 学会発表
1 山川百合子
精神障害者のコミュニケーションの場をとらえる
−地域リハビリテーションの視点から−
日本電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーション研究会 
VNV第3回年次大会(島根)2009年3月
2 澤俊二,園田茂,伊佐地隆,大仲功一,安岡利一,山川百合子,金田嘉清,
才藤栄一,大田仁史
慢性脳血管障害者における総合的追跡調査(第4報)
−入院から発病3年 実用手に至るプロセス−
第46回日本リハビリテーション医学会学術集会(静岡)2009年6月
3 定村美紀子,奥野純子,山川百合子,柳久子
精神科の訪問看護を利用する患者の特性と服薬行動との関連地
第32回日本プライマリ・ケア学会学術会議(京都)2009年5月
4 榎本美香,岡本雅史,串田秀也,小谷泉,松岡恵子,松嶋健,山川百合子
コミュニケーションギャップを解決しない会話トラブル解消プロセスの観察 −慢性期統合失調症患者の会話事例を通じて−
第105回日本精神神経学会(神戸)2009年5月
5 松岡恵子,小谷泉,山川百合子,岡本雅史,榎本美香
前頭葉背外側部障害例におけるインタビュー談話の2年間の変化について
第33回日本高次脳機能障害学会学術総会(札幌)2009年10月
6 上野恭子,西川浩昭,栗原加代,山川百合子,小谷野康子,岡本隆寛,立石彩美
看護師の共感性コミュニケーション尺度の開発 妥当性と信頼性の検討
第29回日本看護科学学会学術集会(千葉)2009年11月
研究業績詳細2008 A 原著論文
1 山川百合子,井出政行,武島玲子,河合伸念,片野綱大,松坂尚
  オランザピン口腔内崩壊錠でコンプライアンスが向上し,就職ができた統合失調症の一例
    茨城県立医療大学紀要 2008;13:75-81
2 今井忠則,山川百合子,間中麻耶,関口清香,土澤健一,戸村成男
  地域中高年者が住民参加型介護予防事業に参加することによる健康関連QOLへの影響に関する
   予備的検討  
   茨城県立医療大学紀要 2008;13:83-90
3 Shiraishi  H,  Yamakawa Y, Itou A, Muraki T,  Asada  T
    Long-term effects of prism adaptation on chronic neglect after stroke
    NeuroRehabilitation 2008;23:137-151
4 Mochizuki H, Tanaka M, Suzuki T, Yamakawa Y, Mochizuki S,
    Arai M,Kawamura M
    Elderly adults improve verbal fluency by videophone conversations: A pilot study
    Journal of Telemedicine and Telecare  2008;14:215-218

C 著書
1 山川百合子
  2章 精神障害の基礎知識、3章精神科治療の基礎知識 3.1生物学的治療
  根岸敬矩,土澤健一編著 
  「保健・医療・福祉系学生のための臨床精神医学」 
  医学出版社  2008年12月;51-97,113-125

D 報告・その他
1 山川百合子
  目配り気くばり思いやり 安全・安心ケア
  第37回 薬による転倒・転落事故防止対策
  GPnet 2008年4月号 2008 ;52-56
2 富田美加,池田智子,山川百合子,今井忠則,土澤健一
  特集−インターネットを利用した精神医療
  精神保健に関するホームページの実際
  −ウェブサイト『心の活力ねっとわーく』の紹介−
  精神科治療学 2008;23:519-523
3 山川百合子
  特集 障害は“受容”できるか?
  精神科医の立場から 精神障害の場合を考える
  リハビリナース 2008;1:585-589
4 山川百合子 
  ドクターに聞く 服薬中の飲酒はダメですか?どうしてダメなんですか?
  社会福祉法人ゆっこら発行 ゆっこら通信1月号 pp4
5 山川百合子
  脳卒中後うつ病とは
  ナーシング・フロンティア 脳卒中後うつ病の診療とケア
  看護技術 2009 ;2:65-68

E 学会発表
1 清水京美,山川百合子,大橋教良
  茨城県における消防職員のストレスと心理行動パターンとの関連性
  第13回日本集団災害医学会(つくば市)2008年2月
2 奥野純子,山川百合子,松坂尚,柳久子,戸村成男
  精神科病院入院中の抗てんかん薬服用患者のビタミンD濃度分布と
  ビタミンD濃度と転倒・骨折との関連について
  第81回日本薬理学会(横浜)2008年3月
3 澤俊二,山川百合子,南雲直二,伊佐地隆,大仲功一,安岡利一,園田茂,
  金田嘉清,才藤栄一,大田仁史
  慢性脳血管障害者の総合的追跡調査(第3報)QOL変化の推移−入院から発症5年−
  第45回日本リハビリテーション医学会学術集会(横浜)2008年6月 
4 橋本明子,安田貢,上地進,山川百合子,上田久男,川崎幸一,豊島昭男,
  篠原剛,久保田展代,松島聖美
  心肺蘇生法の新口頭指導プロトコール
  ―一般市民へのアンケート調査を統計学的処理し導かれたもの―
   第11回日本臨床救急医学会(東京)2008年6月
5 村松由梨,山川百合子,中川昌子,池田正則,小松崎将一,山口彩子,安部有香,
  佐々木俊子,井上栄一
  精神障害者に対する園芸療法プログラムの開発と実践
  人間・植物関係学会2008年大会 (滋賀)2008年6月
6 澤 俊二,山川百合子,鈴木めぐみ,山田将之,大田仁史
  脳血管障害者における総合的追跡調査-(第6報)発病5年時の心身機能の特徴と
  OTの役割-
  第42回日本作業療法学会(長崎)2008年6月
7 今井忠則,山川百合子,間中麻耶,土澤健一,柳久子,奥野純子,戸村成男
  地域中高年者が社会貢献性のある役割を新たに獲得することによる
  健康関連QOLの変化−予備的検討−
  第31回日本プライマリ・ケア学会学術会議(岡山)2008年6月
8 山川百合子,寺島康, 田上洋子, 横山治夕生,中山静一,小徳勇人,志井田孝
  統合失調症の外来通院における新規抗精神病薬の使用実態調査
  第18回日本臨床精神神経薬理学(東京)2008年10月
9 今井忠則,柳久子,奥野純子,戸村成男,山川百合子,大田仁史
  地域貢献性のある役割の新規獲得が,中高年者の健康関連QOLに及ぼす影響
  第67回日本公衆衛生学会(福岡)2008年11月
10 清水京美,安部伊知朗,和田野安良,山川百合子
   風景構成法による脊髄損傷患者の障害受容の心理的プロセス
   第43回日本脊髄障害医学会(札幌)2008年11月
研究業績詳細2007 A 原著論文
1 園田和美、大歳太郎、池田恭敏、村木敏明、岩崎信明、加藤令子、宮崎泰、山川百合子、
    佐藤秀郎、落合幸子
    養護学校教員の児童への関わりの自信度からみた医療・教育連携の潜在的ニーズ
    茨城県立医療大学紀要 2007;12:51-57
2 山川百合子、川田尚美、澤俊二
    脳卒中患者の発症3年後における復職状況と心理状態
    均衡生活学 2007;4:1-3
3 富田美加、池田智子、山川百合子
    精神保健福祉領域に関するウェブサイト『心の活力ねっとわーく』の開設とその評価
    均衡生活学 2007;4:11-16
4 山川百合子、清水京美、黒澤也生子、安部伊知朗、和田野安良、新井雅信
    リハビリテーションでの心理的援助における風景構成法の適用
    茨城県立病院医学雑誌 2007;25:11-19
5 望月寛子、田中真弓、鈴木孝治、山川百合子、新井雅信
  高齢者デイサービスにおけるテレビ電話導入の試み
    総合リハ 2007;35(11):1373-1376
B 総説
1 新井雅信、山川百合子
  脳卒中後うつ病の予防の可能性
  成人病と生活習慣病 2007;37:472-476
D 報告・その他
1 山川百合子
  単剤化と単純化
  精神障害者家族会たつのこ会会報1月号 
2 山川百合子
  悩める現場から〜リハスタッフを支える精神科セミナー〜
    第4回 身も心も−糖尿病も地域リハビリ
  地域リハビリテーション 2007;2:56-58
3 山川百合子
  書評 地域リハビリテーションの源流 (三輪書店)
  SSKP アビリティーズ No.149  2007年1月
4 山川百合子
  家族の存在
  精神障害者家族会たつのこ会会報3月号 
5 山川百合子
  悩める現場から〜リハスタッフを支える精神科セミナー〜
    第5回 クスリのリスク
  地域リハビリテーション 2007;2:150-153
6 山川百合子
  悩める現場から〜リハスタッフを支える精神科セミナー〜
    第6回 アルコール依存症−誰が困るのか?
  地域リハビリテーション 2007;2:253-255
7 山川百合子
   悩める現場から〜リハスタッフを支える精神科セミナー〜
    第7回 家族の存在とは何か?
  地域リハビリテーション 2007;2:351-353
8 山川百合子
   悩める現場から〜リハスタッフを支える精神科セミナー〜
    第8回 自殺―精神科医への最大のメッセージ
  地域リハビリテーション 2007;2:436-438
9 山川百合子
   悩める現場から〜リハスタッフを支える精神科セミナー〜
    最終回 悩める現場から―よくある質問とその対応
  地域リハビリテーション 2007;2:532-534 
10若菜幸一、清水京美、黒澤也生子、花岡秀明、山川百合子
  退院に伴う不安軽減と退院後のQOL向上を目的とした集団活動について
  ― 介入効果の一考察― 
  茨城県立医療大学付属病院研究誌 2007;10:65-71
11清水京美、黒澤也生子、山川百合子、若菜幸一、花岡秀明
  退院に伴う不安軽減と退院後のQOL向上を目的とした集団活動についての臨床心理の役割 
  茨城県立医療大学付属病院研究誌 2007;10:73-77
E 学会発表
1 富田美加、池田智子、山川百合子、今井忠則、土澤健一
  シンポジウムZ「精神医療におけるITの活用と地域連携」;茨城県を中心とした
  精神保健に関するホームページの開設とそのアクセス状況の分析
  第26回日本社会精神医学会(横浜)2007年3月 
2 村松由梨、山川百合子、中川昌子、池田正則、小松崎将一、山口彩子、安部有香、
  佐々木俊子、井上栄一
  精神障害者に対する園芸療法プログラムの開発と実践
  園芸学会平成19年度春季大会(京都)2007年3月
3 濱田尚子、小國英一、宇賀美奈子、山川百合子、佐々木誠一
  重度の知的障害施設入所者の体重変化の研究
  日本生理学大会 (大坂)2007年3月
4 澤俊二、山川百合子、伊佐地隆、大仲功一、安岡利一、園田茂、南雲直二、
  金田嘉清、才藤栄一、大田仁史
  慢性脳血管障害者の総合的追跡調査(第2報)
  情緒的支援ネットワーク 発症3年までの推移−
  第44回日本リハビリテーション医学会学術集会(神戸)2007年6月
5 橋本明子、山川百合子
   「精神科領域における消防機関の役割」―精神科領域の傷病者のトリアージと
  医療・地域精神保健福祉との連携―
    第10回日本臨床救急医学会(神戸)2007年5月
6 山川百合子、佐藤晋爾、新井雅信
  地域リハビリの課題:回復期リハビリ病棟の退院をめぐる脳卒中後うつ病
  第30回日本プライマリケア学会 (宮崎) 2007年5月
7 上野 恭子、栗原 加代、山川 百合子
  うつ病患者が入院生活において“私のことをわかってもらえた”と感じる
  看護行為に関する研究
   第4回日本うつ病学会(札幌)2007年6月
8 佐藤晋爾、山川百合子、朝田隆
  脳卒中後うつ病(Post Stroke Depression)と脳卒中後のアパシーは関連性があるか?
  第4回日本うつ病学会(札幌)2007年6月
9 白石英樹、三瓶祐香、 小倉雄一、高野真由美、山川百合子
  半側空間無視症状に対するプリズムレンズ眼鏡介入の効果について 
  無視側への視線移動・重心・脳血流の変化に注目して
  第42回日本作業療法学会(鹿児島)2007年6月
10栗原 加代、上野 恭子、山川 百合子
  うつ病患者の自殺に対する自己認知の経時的変化
  第33回日本看護研究学会学術集会(岩手)2007年7月
11加藤令子、小室佳文、落合幸子、山川百合子
  A県内の幼稚園に通園している障害をもつ子どもの医療と教育の連携
  第26回日本看護科学学会学術集会(東京) 2007年12月
12望月寛子、茂木永一、大高智子、定村美紀子、望月聡、新井雅信、山川百合子
  フラワーアレンジメントによる認知リハビリテーションの効果
  園芸学会平成19年度春季大会(香川)2007年9月
13望月聡、望月寛子、山川百合子
  音声プロソディの同時提示が表情認知に与える効果の検討
  ―健常学生群および統合失調症群を対象として
  第31回日本高次脳機能障害学会(和歌山)2007年11月
14栗原 加代、山川 百合子、上野 恭子、坂江千寿子
  結婚・出産・離婚からうつ病を経験した後、人格的成長を遂げた一症例
  日本母性衛生学会(つくば市) 2007年10月
15清水京美、安部伊知朗、和田野安良、山川百合子 
  リハビリ病棟における障害受容について〜臨床心理の立場から〜
  第42回日本脊髄障害医学会(埼玉)2007年11月
研究業績詳細2006 A 原著論文
1 塩原直美、山川百合子、堀内ふき、土澤健一、村木敏明 
    在宅精神障害者の食生活習慣と生活の質
    茨城県立医療大学紀要 2006;11:89-96
2 河合伸念、山川百合子、朝田隆
    抗精神病薬の多剤大量処方からperospironeへの切り替え過程で気分安定薬の併用が
    有効であった統合失調症の2例
    臨床精神薬理 2006;9:689-694
3 Kawai N, Yamakawa Y, Baba A, Nemoto K, Tachikawa H, Hori T, Asada T, Iidaka T
    High-dose of multiple antipsychotics and cognitive function in schizophrenia   
    :The effect of dose-reduction
    Progress in Neuro-Psychopharmacology and Biological Psychiatry 2006; 30: 1009-1014
4  Yamakawa Y, Satoh S, Sawa S, Tomita M, Itomine I, Arai M, Ohta H, Asada T
    Relationship between post-stroke depression and disability in the activities
    of daily living in the rehabilitation-specialized hospital
    M J Ibaraki P H 2006;24:1-7
5  Satoh S, Yamakawa Y, Terashima Y, Ohta H, Asada T
    The efficacy of milnacipran on going dysfunction with post stroke depression
    : A preliminary open-label study.
    Psychiatry and Clinical Neurosciences 2006;60:584-589
6  河合伸念、山川百合子、馬場淳臣、太刀川弘和、堀孝文、朝田隆
    抗精神病薬の多剤併用大量療法から非定型薬単剤治療への切り替えの試み(最終報告)
    臨床精神薬理 2006;9:2239-2250 (第2回「臨床精神薬理」誌賞 最優秀論文賞受賞論文)
7  山川百合子、小松崎将一、井上栄一、池田正則、山口冴子、中川昌子、高橋弘美、
    佐々木俊子、登坂ユカ、新井雅信
  精神科デイケアにおける園芸療法の心理的効果と検討
    〜地域リハビリテーションと農学の連携〜
    茨城県立病院医学雑誌 2006;24:39-47
8  Ikeda T, Yamakawa Y,Tomita M, Imai T, Tsuchisawa K
    Prevalence and correlates of depressive symptomatology in small-scale manufacturing 
    enterprises in Japan.
    Japanese Journal of Balance of Life  2006;3:1-12
9 山川百合子、高橋弘美、佐々木俊子、今井忠則、小松崎将一、井上栄一、池田正則、
    山口冴子、中川昌子、新井雅信
    精神科デイケアの園芸療法による主観的ウェルビーイングと家族との交流の変化
    −農学との連携による心の活力ネットワークの広がり−
    均衡生活学 2006;3:20-24    
10今井忠則、富田美加、山川百合子、池田智子、土澤健一
  中学生の自己性と社会性の均衡状態(balance of life)の特徴と社会的環境要因との関連
  均衡生活学 2006;3:25-31
11 山川百合子、佐藤晋爾、澤俊二、新井雅信、大田仁史、朝田隆
     回復期リハビリ病棟における脳卒中患者のうつ状態と職場復帰
     茨城県立病院医学雑誌 2006;24:101-106
C 著書
1 山川百合子
  第3章 障害者(高齢者含む)の医学的知識 第3節 基礎的な医学的知識(精神障害)
  白山靖彦(監)障害者自立支援法対応版「必携 障がい者(児)のホームヘルプサービス」
  日総研出版 2006年9月 p116-129
D 報告・その他
1 山川百合子、朝田隆
  Question&Answer「脳卒中後にうつ状態になることが多いのですか?
  またその対処法について教えてください」
  Mebio Brain&Mind 2006「日本人が直面する心と神経の病気」P188-189
  (メディカルビュー社)
2 山川百合子
  メディカルエッセイ「山とリハビリテーション」
  日本医事新報 2006;4276:83-85
3  山川百合子
  小児のリハビリテーション U リハビリテーションにおける各スタッフの役割
  精神科医の役割
  小児看護 2006;28:995-998
4 山川百合子
  特集 せん妄ケアはどこまで進んでいるか<せん妄のリスク要因>せん妄の原因となる薬剤
  EBナーシング 9月号 pp28-32  
5 山川百合子
  目覚め現象
  精神障害者家族会たつのこ会会報7月号 pp4
6 山川百合子
  バリアフリー製剤
  精神障害者家族会たつのこ会会報9月号 pp4
7  佐藤晋爾、山川百合子、寺島康、朝田隆
    脳卒中後うつ(Post Stroke Depression)に関する臨床精神医学的検討
    精神神経誌2006; 108;906-916
8 山川百合子
  悩める現場から〜リハスタッフを支える精神科セミナー〜
    第1回 現場での精神科医の正しい使い方
    地域リハビリテーション 2006;1:604‐606
9  山川百合子
   コンプライアンス
    精神障害者家族会たつのこ会会報11月号 pp4
10 山川百合子
  悩める現場から〜リハスタッフを支える精神科セミナー〜
    第2回 脳卒中うつ病って本当ですか?
    地域リハビリテーション 2006;1:701-704
11 山川百合子
  悩める現場から〜リハスタッフを支える精神科セミナー〜
    第3回 脳卒中後うつ病―何を治すのか?
    地域リハビリテーション 2006;1:779-782
E 学会発表
1 高橋弘美、山川百合子、佐々木俊子
    精神科デイケアにおける園芸プログラムの取り組み〜農学教育者との連携の実践と評価〜
    第40回日本作業療法学会(京都)2006年6月
2 澤俊二、園田茂、伊佐地隆、大仲功一、安岡利一、山川百合子、南雲直二、
    金田嘉清、才藤栄一、大田仁史
    慢性脳血管障害者の総合的追跡調査−SIAS麻痺側上肢機能の発病6ヶ月から3年の推移−
    第43回日本リハビリテーション医学会学術集会(東京)2006年6月
3 宮林幸江、山川百合子、安田仁、朝田隆
    自殺・事故・病死による死別が家族323人に及ぼす影響
    第3回日本うつ病学会総会(東京)2006年7月
4 定村紀美子、服部満喜子、落合幸子、山川百合子
    −看護師長のインタビューから−看護組織におけるマネージメントの分析
    第10回日本看護管理学会年次大会(東京)2006年7月
5 松島聖美、橋本明子、川崎幸一、植田久男、山川百合子
    茨城県の精神科救急の現場と展望―住民のアドボカシー(代弁者)として―
    第30回茨城県救急医学会(つくば市)2006年9月
6 澤俊二、園田茂、磯康博、大田仁史、伊佐地隆、大仲功一、山川百合子、島本喬
  慢性脳血管障害者における総合的追跡調査 (第4報) 
    −発病3年時までの下肢運動機能と移動能力の変化−
  第65回日本公衆衛生学会学術集会(富山)2006年10月
7 小室佳文、加藤令子、落合幸子、山川百合子、服部満生子
    A県の養護学校における医療的ケア実施の実態 
    第1報−教員の現状と教員からみた今後の課題−
  第26回日本看護科学学会学術集会(神戸) 2006年12月
8 加藤令子、小室佳文、落合幸子、山川百合子、服部満生子
    A県の養護学校における医療的ケア実施の実態 
    第2報−看護職員の現状と看護職員からみた今後の課題−
  第26回日本看護科学学会学術集会(神戸) 2006年12月
研究業績詳細2005 A 原著論文
 1 宮林幸江、山川百合子
   日本人の死別悲観―性差について―
   茨城県立医療大学紀要 2005;10:55-63
 2 Kawai N, Yamakawa Y, Baba A, Tachikawa H, Hori T, Asada T
   High dose of multiple neuroleptic treatment for schizophrenia in Japan
   Dose reduction and electrocardiographic changes
     Journal of Clinical Psychopharmacology 2005; 25: 186-188
 3 Yamakawa Y, Satoh S, Sawa S, Ohta H, Asada T
   Efficacy of milnacipran on post-stroke depression on inpatient rehabilitation
   Psychiatry and Clinical Neurosciences 2005; 59,:703-708
 4 今井忠則、池田智子、山川百合子、富田美加、土澤健一
   主観的QOL評価尺度としてのBOL-P(2); SP座標軸CLの分布を中心に
   均衡生活学 2005;2:3-15
 5  山川百合子、南雲直二、澤俊二、大田仁史、池田智子、今井忠則、富田美加、土澤健一
   集団による機能訓練の評価;健康関連QOLと情緒支援ネットワーク
   均衡生活学 2005;2:17-22
 6  今井忠則、海野洋平、池田智子、山川百合子、富田美加、土澤健一
   保健医療領域医におけるQOL概念とBOL; 作業療法領域の過去10年のレビューを通して
   均衡生活学 2005;2:23-29
B 総説
  1 河合伸念、山川百合子、朝田隆
   多剤・大量処方からの脱却と身体所見の変化
   臨床精神薬理 2005; 8: 153-161
C 著書
 1 山川百合子
   PSD:脳卒中後にみられるうつ
   上島国利(監)朝田隆(編)「精神科臨床ニューアプローチ2 気分障害」 
   メジカルビュー社 2005年3月;150-153
 2 山川百合子
   分担執筆、欧文校閲
   大田仁史・三好春樹(監)「新しい介護シリーズ 実用介護事典」 講談社 2005年11月
D 報告・その他
 1 河合伸念、山川百合子、太刀川弘和、堀孝文、朝田隆
   多剤・大量処方からの脱却 と新規抗精神病薬
   精神神経学雑誌 2005; 107: 67-74
 2 山川百合子
   書評「くたばれ!脳卒中」(山口俊明著 茨城新聞社 2005年)
   均衡生活学2005; 2: 40
E 学会発表
 1 山川百合子、塩原直美
   地域における精神障害者の食生活支援の臨床的研究
   第42回日本リハビリテーション医学会学術集会(金沢)2005年6月 
 2 山川百合子、宮林幸江
   自殺による死別経験者の悲哀反応についてー地域医療にできることー
   第2回日本うつ病学会総会(東京)2005年7月
 3 佐藤晋爾、山川百合子、寺島康、朝田隆
   Post Stroke Depression (PSD)におけるmajor depressive disorderとminor
      depressive disorderは質的に異なるものか?     
   第25回日本精神科診断学会(新潟)2005年9月
 4 河合伸念、山川百合子、松坂尚、馬場淳臣、太刀川弘和、堀孝文、朝田隆
   抗精神病薬多剤大量処方からの脱却(最終報)
   第15回日本臨床精神神経薬理学会(東京)2005年10月
 5 宮林幸江、山川百合子、阿部桃子、渡邊知子、上田由美子
   高齢者における死別悲嘆−突然死と病死−
   日本老年看護学会第10回学術集会(宇都宮)2005年11月
研究業績詳細2004 A 原著論文
1 佐藤晋爾、山川百合子、寺島康、大田仁史、朝田隆
    脳卒中後うつ(Post Stroke Depression)のDSM-Wによる下位分類の試み:評者間信頼性の検討
    臨床精神医学 2004;33 :1357-1363
2 山川百合子、塩原直美、高橋弘美、佐々木俊子、根岸敬矩
    精神科デイケアにおける薬物療法の副作用改善について―行動観察法と行動分析学的検討を中心に―
    茨城県立医療大学紀要 2004;9:85-92
3 河合伸念、山川百合子、馬場淳臣、太刀川弘和、堀孝文、朝田隆
    精神病薬多剤併用大量療法から非定型薬単剤治療への切り替えの試み(第1報)
  :減薬は統合失調症に何をもたらすか?
    臨床精神薬理 2004;7:521-533
D 報告・その他
1 山川百合子、佐藤晋爾、澤俊二、伊佐地隆、大瀬寛高、大仲功一、安岡利一、川原田晴通、
  赤沼順、丸山みつ、石川演美、大田仁史、寺島康、朝田隆
    回復期リハビリテーション病棟における脳卒中後うつ状態の予備的研究-
    茨城県立医療大学紀要 2004;9:189-196
E 学会発表
1 山川百合子、佐藤晋爾、寺島康、朝田隆、大田仁史
    脳卒中うつ病と認知機能の関係―3ヶ月の縦断評価―
    東京精神医学会第70回学術集会(東京)2004年3月
2 佐藤晋爾、山川百合子、寺島康、朝田隆、大田仁史
    リハビリテーション病棟におけるPost stroke depression とADLの関係―縦断的検討―
    東京精神医学会第70回学術集会(東京)2004年3月
3 河合伸念、山川百合子、松坂尚、朝田隆
    従来型抗精神病薬から新規抗精神病薬への切り替えに伴う血中プロラクチン濃度の変化について
    東京精神医学会第70回学術集会(東京)2004年3月
4 佐藤晋爾、山川百合子、伊佐地隆、大仲功一、安岡利一、大田仁史、朝田隆
    PSDに対する抗うつ薬(SNRI)の有用性:ヒストリカルデータとの比較
    第40回日本リハビリテーション医学会学術集会(東京)2004年6月
5 高橋弘美、佐々木俊子、山川百合子、塩原直美
    飲水行動の異常を呈した症例に関する報告―精神科デイケアにおける介入と変化―
    第38回日本作業療法学会(長野)2004年6月
6 川田尚美、澤俊二、山川百合子、大田仁史
    脳血管障害における職業復帰者と未復帰者の心身機能の特徴
    第38回日本作業療法学会(長野)2004年6月
7 澤俊二、南雲直二、園田茂、山川百合子、大仲功一、大田仁史
    慢性脳血管障害者の心身機能追跡調査(第3報)-発病3年医おける介護保険利用者と
  非利用者の心身機能-
    第38回日本作業療法学会(長野)2004年6月
8  Asada T, Yamakawa Y, Satoh S, Ohta H.
    Efficacy of an SNRI on post-stroke depression
    Collegium Interenationale Neuro-psychopharmacologiucum (Paris) 2004年6月 
9  山川百合子、佐藤晋爾、澤俊二、伊佐地隆、大仲功一、安岡利一、朝田隆、大田仁史、
    脳卒中後うつ病に対する抗うつ薬の有用性
    第1回日本うつ病学会総会(東京)2004年7月
10 山川百合子、塩原直美、高橋弘美、佐々木俊子
      精神科デイケアにおける薬物療法の副作用改善について
      第9回日本デイケア学会総会(東京)2004年9月
11 塩原直美、山川百合子、土澤健一
      デイケアにおける食生活について
      第9回日本デイケア学会総会(東京)2004年9月
12 河合伸念、山川百合子、松坂尚、馬場淳臣、太刀川弘和、堀孝文、朝田隆
      抗精神病薬多剤・大量療法からの脱却(第二報):非定型単剤化への過程における
   精神症状悪化のリスクについて
      第14回日本臨床精神神経薬理学会(神戸)2004年9月
13 澤俊二、磯博康、大田仁史、伊佐地隆、大仲功一、安岡利一、朝田隆、山川百合子、
   園田茂、岩井浩一、島本喬
   慢性脳血管障害者における総合的追跡調査(第3報)―発病3年次の心身機能の変化―
   第63回日本公衆衛生学会総会(島根)
14 澤俊二、安岡利一、大仲功一、伊佐地隆、山川百合子、川田尚美、大田仁史
   慢性脳血管障害者における総合的追跡調査(第3報)―発病3年時の心身機能の変化―
   リハビリテーション・ケア学会 北九州 2004 (北九州)2004年10月   
15 河合伸念、山川百合子、松坂尚、馬場淳臣、太刀川弘和、堀孝文、朝田隆
      抗精神病薬多剤・大量療法からの脱却(第二報):非定型単剤化への過程における
   精神症状悪化のリスクについて
      第53回茨城医学集談会(水戸)2004年11月
16 河合伸念、山川百合子、松坂尚、馬場淳臣、根本清貴、太刀川弘和、堀孝文、朝田隆、飯高哲也
      抗精神病薬多剤・大量療法からの脱却― 減量によって統合失調症患者の認知機能は改善するか?
      東京精神医学会第72回学術集会(東京)2004年11月
研究業績詳細2003
研究業績詳細2001〜2002
研究業績詳細1999〜2000 2003年以前(一部掲載)
1 山川百合子、佐々木恵美、鈴木利人、堀孝文、白石博康、小泉準三
    Somatoform pasin disorderに関する臨床的研究-48自験例から-
    東京精医学誌 1993;11:39-43
2  石井一弘、山川百合子、永田博司、水澤英洋、庄司進一
    風疹ウイルス抗体価の有意な上昇を伴った味覚低下の1例
    神経内科 1994;40:294-296
3  山川百合子、堀孝文、馬場敦臣、白石博康、山内敦、菊池孝治
   抗精神病薬の長期投与中に発症した持続勃起症の1例
   神経精神薬理 1995;17:803-807
4  山川百合子、安部秀三、鈴木利人 
   ニューロサイエンスのSomething hot 精神分裂病とNO(一酸化窒素):最近の知見から 
   脳の科学 1998;20:311-314
5 安部秀三、山川百合子、鈴木利人 
   ニューロサイエンスのSomething hot 開口放出関連蛋白質と精神神経疾患
   脳の科学 1998;20:805-809
6 山川百合子、安部秀三、鈴木利人 
   特集 攻撃性のバイオロジー 攻撃性とNO(一酸化窒素)
    脳の科学 1998;20:965-970
7 山川百合子、水上勝義、鈴木利人、佐々木恵美、白石博康、川西洋一
   人格変化や知能低下を呈し脳画像変化をみたCushing病の1例
   精神医学 1999;41:417-420
8 山川百合子、馬場淳臣、朝田隆 
   迷走神経刺激法-うつ病治療への応用- 
  Depression Frontier 2003;1:69-74




フィールドレイアウト  
先頭へ | << 前へ | 次へ >>  

レコード一覧へ